【要注意】paidy詐欺が横行?Amazon利用可でどうなる?

paidy logo - 【要注意】paidy詐欺が横行?Amazon利用可でどうなる? 社会

こんにちはAKIRAです。

2018年あたりから「PayPay」や「メルペイ」など新しいキャッシュレス決済が登場しもはや当たり前になってきましたね!やはり初期段階からのものが席巻しているように思います!後発組はユーザー獲得厳しいですね!
そんな中別の新しい「paidy」というスキーマでの決済方式が登場してユーザー数を伸ばしているようです。
ただ、仕組み上ホールがあり騒ぎになっているようです。どんなスキーマの決済方式で何が問題になっているのでしょうか。その辺を確認していきましょう!

paidyとPayPayやメルペイとの違いは?どんな決済方式なの?

paidy paypay logo 300x121 - 【要注意】paidy詐欺が横行?Amazon利用可でどうなる?

paidy melpay logo 300x131 - 【要注意】paidy詐欺が横行?Amazon利用可でどうなる?

簡単に言うと、「PayPay」や「メルペイ」は決済上先払いのイメージで支払いするため、クレジットカードや銀行口座との紐づけをしたり、予めチャージをしておいて実店舗やインターネットショッピングの決済に利用する仕組みになります。

一方「paidy」は後払いのイメージでの支払いであり、毎月1日~3日に前月分集計して10日までに支払いという仕組みになります。

paidyはどのようにしたら使えるの?審査はあるの?

paidy logo 300x155 - 【要注意】paidy詐欺が横行?Amazon利用可でどうなる?

paidyを使いたい場合の流れですが、以下の4ステップです。

①メールアドレスと携帯電話番号で決済
携帯電話にSMSで送信される4桁の認証コードを入力して決済完了

②いろいろなお店でお買い物
ファッションからデジタルコンテンツまで。分割もお店によりOK。

③翌月にまとめてメールとSMSでご請求
当月分のお買い物をまとめて翌月1日〜3日にメールとSMSでお届け、紙面での郵送なし

④10日までにコンビニ、銀行でお支払い
翌月10日までにコンビニ、銀行でお支払い(口座振替もご利用可能)
※口座振替は12日引き落とし

審査というか認証コードを送信することで使えるようになります。

paidyの問題点は?詐欺に利用されるポイントは?

paidyのサイトでは以下の記述でセキュリティ面も安心と謳っております。

①認証コードによる本人確認
決済画面で入力した携帯電話番号宛に4桁の認証コードをSMSでお届け。認証コードを入力して初めて決済が完了するため、なりすましの心配がありません。

②決済情報はTLSで暗号化
お客様の大事な決済情報はTLS(Transport Layer Security)接続を介して暗号化されるため、第三者にお客様の決済情報が漏洩する危険がありません。

③365日24時間体制で決済を監視
詐欺行為やなりすまし行為からお客様を守るため、365日24時間体制で全ての取引を監視しています。

とあるのですが後払いという点を巧みに利用する手口で詐欺が横行しているようです。
①出品者は無在庫(手元に商品がない状態)で出品
②落札者が現れたら家電量販店をpaidy決済で利用
③購入した商品を落札者に発送(家電量販店からそのまま届く)
④落札者はメルカリに支払い

②の部分の本当の支払いが締め日後の翌月になりますので、出品者は意図的に支払いをせずにいると④でメルカリに既に支払いを終えた落札者に請求が行くことになるようです。
要するに出品者は一切支払いをせず、落札者が出品者の仕入代金まで払うというとんでもない事態が発生することになります。

落札者本人の情報がpaidyにない場合でも請求ができてしまうのでとても危険です。

paidy komaruhito png 300x205 - 【要注意】paidy詐欺が横行?Amazon利用可でどうなる?

paidyの詐欺にあわないための対策は?

基本行動として下記3点が注意喚起として挙げられています。

・出品が「新品未使用」であり、画像が公式サイトのものを買わない
・発送方法が不明確なものは買わない
・万が一届いてしまったら家電量販店などから、直接発送されたものを受け取らない

メルカリやAmazonは無在庫転売は禁止となっておりますが、落札者としても気を付けたほうがよさそうです。
Amazonの場合には価格などの記載箇所の少し下に誰が発送するかの記載がありますが「Amazon.co.jpが発送します」の文言があればAmazonの倉庫に在庫があるということになりますのでそちらをチェックするとよいと思います。

参考サイト:ガルとくhttps://garutoku.com/1357.html

paidy詐欺に関するまとめ

いかがでしたでしょうか?

paidyは支払方法としては斬新で、多くの人が望む後払い方式ですが、仕組みの隙間をついて善良な落札者が損をすることのないよう対策が早急に望まれるところですね。

今のところ大手家電量販店やAmazonはpaidy先払いを中止しているようですが、こういった出品者を許さない仕組みづくりをお願いしたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました